故障する前に無料査定に出そう~重機を少しでも高く買取してもらう~

一般的な重機の定義

重機とは、人が乗って操作を行う、重工業に用いる機械を指すことが一般的です。エンジンで可動するタイプが多く、ブルドーザーやクレーン車など、生活の中で見かけるものも多くあります。

重機と建機の違いとは?

可動させる燃料

重機は、主にガソリンを燃料として可動しています。ですが、建機は機械の大きさに差があるため、ガソリンだけではなく、軽油や電気などの幅広い燃料が使用されています。

操作性の違い

重工業で使われる重機は、人の手で操作をする必要があるため、小規模な工事でも活躍します。反対に、建機は人の手では操作が難しく、大規模な工事で使われることが多いです。

重機の寿命の目安

重機の寿命は、5年が平均だと言われています。5年を越えると、外装の傷みや部品の破損など、使用するにあたって重大なトラブルが増えてくるのです。年式もどんどん古くなり、修理も難しくなります。

重機の種類とそれぞれの特徴

女性

工事現場の定番

ショベルカーは工事現場で見かけることの多い定番の重機です。車体から伸びたアームの先にスコップ型の部品がついており、掘る作業に特化しています。

大規模現場で活躍

荷物を吊り上げて移動させることの出来るクレーンは、小型から大型のものまで様々です。大型のクレーンは、人力では動かせない大きな荷物を運べるため、大規模現場でも活躍しています。

足場が悪くても使用できる

ブルドーザーは、車体についた排土板で土砂を押し引きし、移動させることが出来ます。タイヤではなくゴムが巻かれた作りになっており、足場が悪くても動かせる重機です。

幅広い工事で活用

車体に大きな鉄のタイヤがついたローラーは、地面を固めたり圧力をかける作業を行うために使用します。そのため、コンクリートや土砂など、扱えるものが幅広く、活用される工事は多いです。

[PR]
車の査定・買取を大阪で実施中
手軽に査定額をチェック☆

寿命を知った上で無料査定に出す【重機買取のススメ】

お金

重機の買い替えサイン

工事現場で1日中可動し、重い荷物や固い土砂を扱う重機は、日々の摩耗や破損も激しいです。一般的に、およそ5年が替え時だとされています。購入から5年ほど経つと、ブルドーザーの排土板やショベルカーのスコップ部分などのメイン部品が傷むため、今まで通りのパフォーマンスが難しくなるでしょう。

重機

インターネットで重機の買取業者を検索

重機の買い取りを希望する場合には、インターネット検索で業者を探すと良いでしょう。たくさんの業者の平均買い取り価格やレビューが一括で調べられるサイトもあり、効率的です。査定基準も詳しく記載されており、安心して買い取りを依頼することが出来ます。

電卓を持つ人

無料査定が便利

より高く重機の買い取りをして貰うためには、無料査定の活用がおすすめです。大きな機械であるため、持ち運びが難しい重機を見にきてくれることもメリットの1つと言えるでしょう。ローンの有無や年式などを予め伝えれば、インターネット上で簡単な見積もりを出して貰うことも可能です。

[PR]
中古トラックを購入
色々な車両が用意されている

まずは査定に出すことが大切

部品の破損が多く、古くなってしまった重機でも、思わぬ値段がつくこともあります。修理や流通に詳しい業者だからこそ、海外などに需要を見つけてくれる場合もあるのです。まずは無料の査定に出し、プロの目から判断して貰うことが大切です。

[PR]
中古ダンプを数多く提供中
条件に合わせて車両が検索できちゃう♪

[PR]
オーディオ買取は東京の専門店に頼もう
プロが丁寧に査定してくれる

広告募集中

[PR]
重機の査定を無料で依頼
プロがすぐに対応してくれる