重機の無料査定から買取に出すまでの流れを把握しよう

無料査定で重機の買取金額を確認~即日契約は極力避けることが大切~

重機の無料査定から買取に出すまでの流れを把握しよう

重機

重機買取の流れ

重機の買い取りを依頼する場合には、まず査定をしてもらう必要があります。インターネットサイトを活用し、無料査定をしている業者を選びましょう。また、事前に問い合わせなどで簡単な査定価格を出してもらうのもおすすめです。査定後には見積もりを受け取り、価格に納得がいけば売買契約をします。査定価格は比較することも大切なので、安易に即日契約を行わないことも大切です。契約書を確認し、重機の引き取りと契約金の振込を待ちます。基本的に、引き取りもこちらの都合に合わせて業者側が行ってくれることがほとんどです。

電卓を持つ人

重機の引き渡し方法

大規模な工事現場で使用される、クレーンやブルドーザーなどの大型重機は、保管場所からの移動にある程度の時間がかかります。そのため、都合が良い日時を伝えて、後日引き取りに来てもらうケースが多いでしょう。多くの場合、契約金は引き取り後の振込になりますが、安心した取引を提供するために即日支払いを可能とする業者も増えています。資金用途が決まっているならば、交渉出来る業者選びも大切です。トラックサイズ以下の小型・中型重機ならば、契約日に引き取りが出来るケースも多く、その分支払いも早くなります。

査定と見積もりの違いとは?

簡単な予想基準

見積もりは、査定を行う前に予想として出される価格に対して使われることが多い言葉です。売りたいものの情報を簡単に伝えるだけで手に入るので、手軽な比較基準となります。査定前に依頼する業者を絞りたい場合におすすめです。

判断基準に沿っている

業者が査定を行う場合、そこには明確な判断基準が存在します。年式や状態など業者によって様々ですが、基準に基づいて行われるため、正確な買い取り価格が算出されます。見積もりとは違い、その金額での契約となるため、無料査定の有無は業者選びの大きなポイントです。

広告募集中