水回りのリフォームをしよう|費用を事前に見積もっておこう

プロに直してもらおう

配管

自分で直せないときは

日常生活の中で、排水つまりが起こることがあります。多くの原因は、排水に含まれている異物が排水管の中にとどまってしまい、それが蓄積されていき、排水つまりを起こしてしまっています。また、固形物を落としてしまったことによって、配水管がつまってしまうこともあります。排水つまりは、キッチン以外にも、お風呂やトイレといった場所で起こります。他にも、洗面所や洗濯機なども発生することがあります。自分で排水つまりを改善する方法には、市販の薬剤を使用するというものがあります。場所に適した薬剤が販売されおり、手軽に排水つまりを改善することができます。定期的に市販の薬剤を使用することで、つまりの予防だけでなく、悪臭の予防にもなります。それでも排水つまりが改善できない場合は、業者に依頼する必要があります。自力でつまりを解消しようと思っても、逆にトラブルを大きくし、大掛かりな工事になってしまう可能性もあります。ただ、業者の選び方は重要です。ポイントのひとつは、水道局指定工事店であることです。水道局指定工事店としての自治体から指定を受けているということは、自治体が一定の基準を満たしているということを認めていることになります。トラブルがあった場合、自治体に苦情を言うことができます。また、ホームページなどがあれば、実績や料金の目安、アフターフォローサービスの内容などがチェックできます。特に料金については、相場の金額を知っておくことで適正価格かどうかを判断することができます。良い業者の場合は、ホームページ上に相場の金額をしっかり明記していることが多いです。逆に料金が安すぎる場合は、後から料金が加算されることがあるので、修理依頼や見積もりの段階で修理内容をチェックするようにしましょう。